株式会社ホクソエムのブログ

株式会社ホクソエムのブログ

ggplot2 で時系列プロットの端点にラベルを表示する

こういう感じで時系列プロットの端点にラベルを表示したい。

f:id:hoxo_m:20180915223055p:plain

この方が時系列とラベルの対応がわかりやすくて良い。

ggrepel パッケージを使うと簡単にできるが、いくつか注意点があるのでここで紹介したい。

まずはデータを用意する。

library(tidyverse)

set.seed(314)
d <- map_dfr(
  c("setosa", "versicolor", "virginica"),
  ~ tibble(
    idx = 1:400,
    value = cumsum(runif(400, -1, 1)),
    type = .
  )
)

ggplot(d, aes(idx, value, colour = type)) + 
  geom_line()

f:id:hoxo_m:20180915223619p:plain

普通にプロットするとこんな感じだが、右端にラベルをつけたい。

ggrepel はいい感じにラベルを配置してくれるパッケージである。

まずはラベルとなるカラムを用意する。 右端にだけラベルをつけたいので ids が最大となる点にだけ type をラベルとして代入し、その他は NA を入れる。

library(ggrepel)

d <- d %>% mutate(label = ifelse(idx == max(idx), type, NA))

ggplot(d, aes(idx, value, colour = type)) +
  geom_line() + 
  geom_label_repel(aes(label = label), na.rm = TRUE)

f:id:hoxo_m:20180915232256p:plain

デフォルトのままだと折れ線にラベルが重なってしまう。 ラベルを右側に出すためには x 軸を右側に広げて nudge_x = Inf を指定すると良い。

ggplot(d, aes(idx, value, colour = type)) +
  geom_line() + 
  geom_label_repel(aes(label = label), na.rm = TRUE, nudge_x = Inf) +
  xlim(NA, 500)

f:id:hoxo_m:20180915232323p:plain

この方法だとラベルはプロットの右端に張り付く。 時系列のすぐ右に出したい場合は、xlim 引数に時系列の端点を指定すると良い。

ggplot(d, aes(idx, value, colour = type)) +
  geom_line() + 
  geom_label_repel(aes(label = label), na.rm = TRUE, xlim = c(400, NA)) + 
  xlim(NA, 500)

f:id:hoxo_m:20180915232359p:plain

謝辞

上記は r-wakalang の Slack 上で @u_ribo さんと @yutannihilation さんに教えていただきました。 ありがとうございます。

参考

RユーザのためのRStudio[実践]入門−tidyverseによるモダンな分析フローの世界−

RユーザのためのRStudio[実践]入門−tidyverseによるモダンな分析フローの世界−